中部理化設立から現在まで

資本・設備
業績・営業
開発・技術
1963年

資本金200万円

株式会社中部理化を設立

1971年

資本金1,000万円

保安部品アルマイト工場増設(666)

公害防除施設完成

1974年

「中部理化山の家」完成

1983年

資本金5,000万円

蓚酸アルマイト設備

1985年

資本金7,200万円

株式会社中部精工を設立

プレス部門独立

1989年

全自動アルマイトライン設置

1990年

処理条件管理システムの設備完了

1991年

超清浄アルマイトライン設置

1997年

社内物流改善

2000年

NC旋盤導入

2002年

ベトナムHCM市に中部理化VN設立

2005年

第5工場拡張

第2工場電解槽増設

2006年

中部理化VN・オートバイ部品生産開始

2010年

中部理化VN・電解槽増設

2011年

第1回無担保変動利付社債発行

中部理化鋁制品(平湖)設立

2013年

中部理化ロンハウ(VN)設立

2014年

本社・第5工場増設

2018年

本社・環境棟増設

中部理化鋁制品(平湖)・第2工場増設

中部理化オオノ設立

1964年

初生産開始

東京オリンピック記念製品銘板

記念銘板

トヨタグループ各社より受注が始まる【6月】

1965〜66年

輸出ラジオ・ミシン・編み機の銘板受注拡大

1973年

保安部品月産200万個超える【5月】

劇毒物製造許可・登録番号3805号【10月】

1977年

鋳物アルマイトの受注(ディスク・キャリパー)【11月】

1978年

保安部品月産350万個超える【3月】

1979年

日立製作所殿口座開設【5月】

1987年

住友電気工業殿より保安部品受注開始【4月】

1989年

日清紡績株式会社殿より保安部品受注開始【9月】

1990年

ATバルブスプール量産開始【4月】

1992年

三菱重工殿より審査等級Aにて取引開始【9月】

1998年

ブレーキBody・W/C量産開始【8月】

2003年

労働大臣表彰【9月】

優良申告法人3回連続【11月】

2004年

アルマイト品月産数650万個超える【9月】

2005年

愛知ブランド認定・認定番号150【1月】

2007年

アルマイト品月産数900万個超える【3月】

2013年

アルマイト品月産数1,000万個超える

1963年

生産標準に伴い、水質試験・染色試験その他研究の開始【10月】

1971年

公害防除施設計画【10月】

1973年

PS版剥離剤を開発、商品名「アルビール」で販売【8月】

劇毒物製造許可・登録番号3805号【10月】

1977年

AL鋳物重畳電解の条件確立する【10月】

1980年

通算局技術補助金「品質改善の研究」【12月】

1982年

科学技術長官賞受賞【4月】

1983年

呉技術改善補助金で「AL樹脂改善成形金型の研究」【9月】

1985年

AL樹脂改善成形金型特許を取得する【4月】

1989年

アルマイトのFA化で全自動化強化【1月】

1990年

アルマイト条件管理のFA化で管理強化【5月】

1998年

ATバルブづくりの仕組みを確立【9月】

2000年

ISO 9001取得【6月】

2004年

ISO 14001取得【10月】

2006年

中部理化VN ISO 9001取得【1月】

2007年

中部理化VN ISO 14001取得【2月】

2009年

ものづくり中小企業製品開発等支援補助金で「アルマイト皮膜のコーナー形状に対する密着性向上の研究開発」【9月】

2013年

ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助金で「アルミダイカスト製品の洗浄装置の開発による生産効率の改善とコスト競争力の強化」

2017年

JQA-ISO 9001、JQA-ISO 14001、2015年版へ移行【7月】

ISO
マイナビ2019エントリー受付中マイナビ2019エントリー受付中
©️ Chuburika Co., Ltd.